新関西国際空港 防災機能向上研究プロジェクト

新関西国際空港 防災機能向上研究プロジェクト
東京大学と当社との共同研究で災害時の防災機能を向上

・災害時の防災機能向上のため、空港施設における電力使用状況を調査し災害シナリオを設定
・災害シナリオ別のシミュレーションにより空港に備える太陽光発電設備と蓄電池の容量を算定

所在地・用途・施設規模など

所在地:大阪府 用途:空港 延床面積:約30万m²

事例・事業内容に関するお問い合わせ

事例・事業内容に関するお問い合わせ

インターネットでのお問い合わせは24時間・365日受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。